なぜ『辛い仕事』を継続しているかをもう一度考えてみる