「仕事が辛いと悩んでいます」
最近このような相談をよく受けます。

仕事は本当に辛いものなのでしょうか?たくさんの人の話しを聞いていると、自分なりに解決方法が見えてきました。以下は、私がある相談者におこなったアドバイスです。一度、自分自身に照らし合わせて考えてみてください。

Aさん 24歳 会社員
Aさん(24歳)会社員
大学卒業後に大手企業に就職するものの、会社に行くのも辛いと感じるようになり、転職しようか考えている。ただやりたいことがわからないため、どこに転職していいのかも分からない。

なぜ『辛い仕事』を継続しているかをもう一度考えてみる

なぜ『辛い仕事』を継続しているかをもう一度考えてみる
あなたは現在働いている仕事について、辛いと感じています。さて、なぜあなたはこの会社で仕事をしているのでしょうか?

「この仕事が好きだから?」
「夢の実現に近いから?」
「ただ就職しただけで、なんとなく…」

などたくさんの理由があるでしょう。

しかし、もしあなたがこの仕事をするということに関して、何かしらの価値を見出しているなら、「仕事が辛い」という感情をコントロールすることは可能なはずです。「辛い」と感じても、「また頑張ろう」と切り替え、仕事に再挑戦できると思います。しかし、この仕事に対してあなた自身が価値を見出していないなら、「仕事が辛い」という感情が払拭されず、Aさんのような状態に陥るのです。

こう考えると、辛いという感情を抱くのは、なぜこの仕事をしているのかわからないなど、その仕事に対しての価値を自分自身が見出していないからこそ起きるものなのです。そして、このような悩みが、あなたを辛い状態にしていると考えられます。

あなたが『辛い』と感じている仕事は最初から辛かったのか?自問自答すること

あなたが『辛い』と感じている仕事は最初から辛かったのか?自問自答すること
ではどうするか?
まずは、なぜあなたがこの仕事をしているのか?を自分自身に問うことです。

  • 入社した時の気持ちを思い出す
  • 自分はこの仕事で何がしたかったのか?したいのか?
  • なぜこの会社に就職したのか?

このあたりを一度、自問自答してみましょう。
思いつく限り紙に書き出すといいでしょう。さて、どうでしょうか?

明確な理由はあるでしょうか?

スポンサーリンク

辛い仕事を続けることに、明確な理由が見出せない?じゃあ辞めよう!

辛い仕事を続けることに、明確な理由が見出せない?じゃあ辞めよう!
先ほどの質問を自分自身にしてみて、明確な理由が思いつかない場合、私ならすぐに仕事を変えます。なにも理由がなく、辛い仕事を続ける必要があるでしょうか?全くありません。

そして、この辞めるという決断をする勇気が重要です。辞めることが後退ではありません。この場合、「辞める」はあなたの人生において前進なのです。

セブ起業・BBT大学入学は一瞬で決断した話

私は、セブで起業するときも、BBT大学に入学するときも一瞬で決断をしました。その他にも、中学時代に野球推薦で入学が決まっていた高校も、音楽と出会った瞬間、すぐに断りました。
参考:高卒の私が大前研一のBBT大学に入学し、人生が180度変わった話

この決断する勇気は必ず必要です。

あなたが仕事を辞めたからと言って、死ぬことはありません。もし生活ができなければまずはアルバイトから始めれば、日本では十分生活はできます。
そのくらい、日本は恵まれているのです。
仕事は本当に辛いと思うのなら、辞める勇気を持ちましょう。

「仕事が辛いので辞めました…。でも、その後どうしたらいいの?」

「仕事が辛いので辞めました…。でも、その後どうしたらいいの?」
では、やめてからどうするのか?
辛いと感じていた仕事から解放されたんですから、あなたは自由です。

もちろん新しい仕事を探すのも一つですし、海外に行き、異文化に触れ合うことも一つです。もしくは、留学するといった選択肢も自分の視野を広げる良いきっかけになります。私は留学で人生が大きく変わったので、時間とお金に余裕があれば、日本ではない環境に身を置くことをお勧めします。日常とは違う環境に触れることは、人の気持ち・考え方を向上させる良いきっかけとなります。

やりたいことがなかったり、仕事が辛いといった状況で悩む方は多いですが、やりたいことなどほとんどの方はありません。自分だけがそうだと思う必要はないのです。ですから、もうすこし肩の力を抜いて、生きていきましょう!
やりたいことがないことについての解決策はまた別記事でご紹介させていただきます。

まとめ

まとめ
せっかく大手企業へ就職したのに、仕事が辛いと嘆いていた友人には、このようにアドバイスをさせていただきました。彼はその後仕事を辞め、新しい就職先で仕事を頑張っています。

やりたいことはいまだに見つかっていませんが、現在の職場で与えられたことを一生懸命こなして、いつかやりたいことを見つけるために頑張っているとのことです。

最後に文章のポイントをおさらいをします。

仕事が辛いと思う方がいれば、以下を自問自答してください。
「なぜここで働いているのか?」
「仕事とはなにか?」

『仕事が辛い』という問題に対して明確な理由がない場合
辞めるべき

もっとも大事なことは決断する勇気を持つこと

やりたいことがなくても、別に気にせず、新しい環境で、目の前のことを一生懸命やってみてください。難しく考えずもっと楽に生きましょう。もう一度言いますが、この場合の辞めるは後退ではありません。あなたの人生において、前進なのです。

スポンサーリンク