トップダウン経営を好むリーダーは中小企業ではよくいます。

「自分は一から会社を立ち上げた」

「俺の意見は絶対だ。

こういった自信から独裁型のトップダウン経営に陥るのです。しかし、これは会社組織としていい状態とはいえません。

最悪の場合、組織が崩壊します。とにかく独裁型トップダウン経営をするなら、よそでやってきてください。と心の底から思います。

トップダウンとは?

トップダウンとは?

さてトップダウンとは、上層部から従業員に対して、命令が下され、従業員に従わせる管理手法のことです。

反対の言葉は、ボトムアップですね。

経営者として、会社の方向を導くことは重要ですし、幾度となく意思決定に迫られるため、時には自分の意思のみで会社を動かすこともあるでしょう。

しかし、これがひどくなると独裁型のトップダウン経営になってしまう場合があります。これには注意が必要です。

やりたい放題の経営者

やりたい放題の経営者

やりたい放題をしている経営者も世の中にはたくさんいますね。帝国を築きたいという自己顕示欲がそうさせるのです。

皆さんはこういった場面を経験したことはないでしょうか?

「意見を言え!」と言われるけど、意見を言うと怒られる。

要は、その人間の気にくわない意見を言うと怒られるのです。ありますよねこんなこと。

こうなると、組織は萎縮をしてしまいます。そして意見を言いたいのに言えないという組織が出来上がるのです。

萎縮してしまった組織のメンバーに「意見を言え!」は完全に間違っています。

自分自身の環境づくりが原因で組織がうまく回っていないのにもかかわらず、それを周りが原因と考える。

かなり自己中心的なやり方です。

そして、非常に厄介なことに、このような状況に陥っていることを本人たちは気づかないのです。

皆さん自信がありますからね。周りに言われても気づかないし、周りも怒られるし言いたくもないのです。

死なないと治らないとはまさにこのことです。

とにかく、こういう独裁型トップダウン経営は本当に面倒なのです。

独裁型トップダウン経営で、総スカンを食らう独裁型の経営者

独裁型トップダウン経営で、総スカンを食らう独裁型の経営者

こういった独裁型トップダウン経営を行う経営者の果ては、周りから総スカンを食らうということです。

従業員は、腫れ物を触るようにその人間を扱います。組織も活性化せずに、いずれ社内の情報もシェアされなくなります。

裸の王様化してしまうわけです。周りの従業員は大人ですから、こういった独裁型経営者の自己顕示欲を満たすために、褒めたり・気を使ったりします。

そして、この経営者がいなくなれば、この経営者の悪口で持ちきりです。

お疲れ様です。

せめてお客さんに喜んでもらい、社員の物心両面の幸せくらい追求しろ。

もし帝国を本気で築きたいなら、自分の経営判断で、売り上げもあげ、かつ社員の心もお金も満足させてあげることです。

アップルのスティーブ・ジョブズなんかはめちゃくちゃだったという話をよく聞きます。独裁型のトップダウン経営に近いものがあったでしょう。

しかし、なぜスティーブ・ジョブズが支持されるのか?それは彼の経営判断で、お客さんへの満足、社員の物心両面の幸せを提供できていたからです。

人に任せて、成長スピードをあげる理想の経営

人に任せて、成長スピードをあげる理想の経営

全ての人がスティーブジョブズにはなれません。またスティーブ・ジョブズであっても多くの仕事を人に任せています。

自分の一人の力は限界があり、時間も限られています。

独裁型のトップダウン経営をし、周りから総スカンを食らうような組織運営をしていると、誰も助けてくれないのです。

そうすると、自分一人で多くのことをやり続けてしまい、成長スピードも全くあがりません。

貿易会社を経営している私の親友は、社員やパートナーを信頼し、社員やパートナーの強みを最大限活かして成長しています。

まだ4期目ですが、驚くほど数字をあげています。こう考えると、社員・パートナーを信頼する組織づくり・関係づくりを行うことが成功の鍵だと言えます。

独裁型はダサいよ。やりたいなら圧倒的な成果をあげてください

独裁型はダサいよ。やりたいなら圧倒的な成果をあげてください

ということで、独裁型トップダウン経営はとてもダサいです。

中小企業でこんなスタイルの経営をしているといずれ崩壊します。悔しかったら、誰から文句を言われない成果をあげてから行ってください。

しかし、ほとんどの人間が天才でありません。であるなら、社員・パートナー企業を信頼し、企業を成長させるべきでしょう。

とりあえず独裁型トップダウン経営はダサすぎるよ!!