俺は何のために生まれてきたんだろう。

20歳の頃、私は日々そんなことを考えながら生きていました。生まれてから20歳までは一応何か頑張れる対象があったため、それとなく人生に対して一生懸命でした。

しかし、音楽をやめてからというもの、自分の存在価値が全く理解できず、挙げ句の果てに世間は大学に進学せずに音楽をしていた私に冷ややかでした。しかし今は違います。

さて、みなさんはこんな経験ありませんか?今回は私の経験をもとに、人生を変える3つの法則をお伝えできればと思います。

人生を変える三つの法則

人生を変えるきっかけは、突っ立っているだけでは決して出会えません。では、実際何をすればいいのでしょうか?

私は、これからお話する三つのポイントが重要だと考えます。私自身もこれらを意識することで、自分の人生が大きく変わったと感じています。では、その三つのポイントを順番に見ていきましょう。

その1. 付き合う人をとにかく変えろ!

その1.付き合う人をとにかく変えろ!

あなたには現在たくさんの友人がいるでしょう。その友人たちと一緒にいることはとても楽しいでしょうし、一緒にいても気を使わずに済むかもしれません。ただ残念ながら人生を変える方法として、このような状況はあまり良いとは言えません。

自分自身が人生を変える場合に、まずやるべきことは付き合う人を変えるということです。あなたがもし『今まで付き合ったことがない人たち』と付き合い始めると、色々な葛藤が生まれます。

例えば、下記のような状況です。

  1. 一緒にいるのがしんどい
  2. お金の感覚が違う
  3. 話す話題が全く違う

そして、このような人たちと付き合いを始めることで、たくさんの学びやきっかけを得ることができます。自分よりも年配の方で、仕事に対しても前向きな人がいればぜひコミュニケーションをとってみましょう。そして、このような人と付き合うことを続けてみましょう。

最初は価値観も違うため、一緒にいることがとても大変だと思います。今まで一緒にいた人たちと、一緒にいるほうが楽です。しかし、人生を変えるきっかけを作りたいなら、そこは我慢です。そうすることで、必ずきっかけと出会うことが出来ます。

だからと言って、あなたが今まで築き上げてきた友人関係を否定しているわけではありません。その人たちとの関係を絶ちなさいという訳でもありません。とにかく、自分とは違う人と付き合いを始めることが重要です。

私の場合は、積極的に色んな人に会いました。もちろん性別・年齢は関係ありません。その中で、たくさんのきっかけと出会うことが出来ました。それが私の人生を大きく変えた一つです。

その2. 積極的に環境を変えろ

その2.積極的に環境を変えろ

環境を変えることで、人生が大きく変わります。上記の内容にも繋がりますが、例えば住む場所を変えることで、付き合う人・出逢える人が変わります。また、見える世界や景色の違い・生活リズムの変化も自分自身へプラスに働くでしょう。

私の場合は、これが海外になります。私は28歳11ヶ月までパスポートも所有していませんでしたし、大阪以外の都市で住んだこともありません。2014年5月に初めて、フィリピンセブ島に来てから、人生が変わりました。

もちろん、自分の価値観も含めて、その環境で成長したと思います。まさか自分が海外に移住し、起業し、日本、そしてフィリピンを含めた色んな国に行くとは一切思っていませんでした。これも環境を積極的に変えた結果です。このように、環境を変えるということはとても重要な要素となります。

その3. 人生の転機にはいつも決断が付いてくる

そして、最後に大事なものは決断力です。上記の二つの項目を実施するのも決断が必要ですが、人生の転機には必ず自分の決断が付いて回ります。あなた自身が決断しなければ、何も始まりません。

例えば私の場合、オンライン大学に24歳から入学したのですが、この大学に入学を決めたのは、この大学を見つけた瞬間です。フィリピンでの事業立ち上げもパートナーと出会ってからたった1週間足らずの決断でした。ここまで大げさな話ではなくても、やはり人生の転機にはこのような決断を迫られるタイミングが必ずやってきます。

この決断をしっかりするか?これがあなたの人生を変える大きな要素となるでしょう。

チャンスは何度も訪れない。

チャンスは何度も現れない。

チャンスやきっかけは突然訪れます。しかし一瞬にして消えていきます。

もちろん深く考えることは大事ですが、考えすぎて決断できないのは本末転倒です。ですから、人生を変えたいなら、とにかく決断していくことも意識していきましょう。

人生を変えるのは、当然自分自身の成長がつきものです。「付き合う人を変える」・「環境を変える」これを意識し、そして決断し、人生を変えていきましょう。