ブログで記事を書く際に、SEOを狙って上位表示を狙うことが多々あります。

特にコンテンツマーケティングの一環としてメディアを作成して記事を作成する場合は、上位表示を狙って記事を書くでしょう。

さて、今回SEOライティングについてお伝えします。

SEOライティングをマスターすることで、検索上位を狙って記事を書くことができます。

Googleの考え方をまず理解しよう

SEOライティングを学ぼう【検索上位を狙った記事の書き方】
SEOライティングにも手順があります。その手順をしっかり行えば上位表示をすることが可能です。

記事を書く前にまず理解すべきは、検索エンジンの代表格であるGoogleの考え方です。

まず以下に目を通してみてください。

 
・あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?

・この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?

・サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?

・あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?

・この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?

・このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?

・この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?

・同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?

・コンテンツはきちんと品質管理されているか?

・この記事は物事の両面をとらえているか?

・このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?

・次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?

・コンテンツが外注などにより量産されている

・多くのサイトにコンテンツが分散されている

・記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?

・健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?

・サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?

・記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?

・記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?

・ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?

・記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?

・記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?

・記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?

・ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?

・このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

これはGoogleの考え方を示したものです。とても長いですが、重要なことなのでしっかり理解しましょう。

Goolgeは検索をするユーザーの問題を瞬時に解決したいと考えています。

そのため、ユーザーの問題を解決する良質なコンテンツを上位表示するのです。それを宣言したのが上記の言葉なのです。

このGoogleの考え方を無視して上位表示させることは不可能だと考えるのが良いでしょう。

過去にブラックハットな手法で上位表示できましたが、現在は仮に上位表示できたとしてもすぐにペナルティを受けて、サイトそのものが使い物にならなくなります。

SEOライティングの基本は、記事を書く前にキーワード選定を行うこと

SEOライティングを学ぼう【検索上位を狙った記事の書き方】
ではいよいよ記事の書き方です。まずはキーワードを選定します。わかりやすくするために現在、コンサルティングを行っている不動産管理会社のメディアを事例に説明していきます。

株式会社ABC(仮名)
メディア運営の目的:マンション管理の相談をしたい家主を発掘したい

さて、この会社はマンションを所有している家主をメディアで発掘し、さらには自社の管理サービスを売りたいと考えています。

そこでマンション管理についてのキーワードをまとめて戦略を考えます。キーワードの選定は皆さんお馴染みのキーワードプランナーで行います。

SEOライティングを学ぼう【検索上位を狙った記事の書き方】

管理会社で検索をすると、上記のような結果となります。管理会社だとまだまだニーズを絞りにくいので、別のキーワードを探ってみます。

SEOライティングを学ぼう【検索上位を狙った記事の書き方】

「マンション 管理会社 ランキング」というキーワードが見つかりました。

このキーワードを狙って記事を書くことを想定したいと思います。なぜこのキーワードを選んだのか次で記載します。

キーワードから読者ニーズを考えよう

SEOライティングを学ぼう【検索上位を狙った記事の書き方】

「マンション 管理会社 ランキング」というキーワードを選びました。

次のステップは、このキーワードを検索した読者のニーズを考えます。

読者ニーズを考えるためには、まずGoogleでこのキーワードを検索してみましょう。

検索をすると、管理会社のランキング記事が上位表示されます。

要は、このキーワードを検索するユーザーはランキング記事を通して「どの管理会社が優良なのか?」を知りたいと考えているのです。

ですから、Googleは管理会社の管理戸数ランキングのまとめ記事を上位表示させているわけです。

これは、株式会社ABCのニーズ(管理サービスを売りたい)にぴったりの読者となります。

さて、そうと分かればこのニーズを解決できるような記事の構成を考えていきましょう。

記事の仮タイトル・目次を考え記事のライティングスタート

SEOライティングを学ぼう【検索上位を狙った記事の書き方】
ここまでくれば、あとは仮タイトル・目次を作成します。しかし、ここでも重要なのことがあります。それがタイトルの設定とディスクリプションの設定です。

・タイトルは32文字以内。できる限りタイトルの前半に選定したキーワードを入力する

・ディスクリプションは120文字以内。タイトルと同じく前半にどのような記事かを説明する

上記のようにタイトルとディスクリプションを記載することで、高いSEO効果を得ることが可能です。

ここまで来たら、あとは目次通りに文章を書いていきましょう。読者のニーズに120%応えるという意識を忘れないでください。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

とにかくGoogleのビジョンに共感し貢献することが重要

上位表示を狙った記事の書き方【SEOライティングを学ぼう】
記事を Googleで上位表示させるにはとにかく読者が求めているニーズに120%応えることが重要です。

これはGoogleのビジョンに共感するということです。Googleは、ユーザーの悩みを一瞬で解決できる世界を作りたいわけです。

悩みを解決するには、悩みを解決してくれる良質なコンテンツが必要です。

みなさんがこの良質なコンテンツをつくるということはGoogleに貢献をしているということになります。

結果、読者は満足し、Googleで上位表示が可能になるというわけです。

みなさんもGoogleのビジョンに共感し、貢献できる記事を作成し、Googleで上位表示させましょう。