ぼーっとする。たまにはいいですよね。日々色々なことに追われたり、また追いかけたりしているとこういった休息もとてもいいものです。

「休む=悪」

このように思う方もいるかもしれません。何を隠そう過去の私です。

しかし今では「定期的に休む」ということを取り入れています。その結果、作業効率がUPするのです。

実際、わたしは休息を取らずに体を壊したりした経験もあるわけです。これは完全に本末転倒ですね……。だめすぎ……。

さて、今回はこの休息方法についての記事です。休息の重要性を知ってもらうとともに、皆様にとってはどうでもいいわたしの休息方法もシェアします。

最終的には、みなさんが休息万歳!休み最高!と思えるようになればなーとおもいます。

休息の重要性。休まないといけませんよ

pixta_20508860_M

まずこの休みの重要性を理解しましょう。

専門的な話は専門家に任せるとして、そもそも働きすぎによる体へのマイナス影響が大きすぎます。

わたしの場合、以前過労でぶっ倒れたことがありますが、周りにも迷惑かける・結局仕事がストップするなど、最悪です。

それなら定期的に休んで、リフレッシュした気持ちで仕事に望んでおけば、人も迷惑をかけることもなかったのです。

また感情にも影響します。働きすぎると感情的になります。ちょっとしたことでイライラしたりすることもしばしば。

これはよくありません。周りも気をつかいますね。

ですから、働くビジネスマンには定期的な休息が必要不可欠なのです。

わたしのどうでもいい休息方法をみてみよう!

①ひたすら寝る

休息方法:ひたすら寝る

寝る!

これはとても重要な行為ですね。残念ながら、寝貯めはできませんが、とにかく寝る時は寝ます。

寝すぎて逆にしんどくなるという恐れもあるので、もちろん時間を決めますが、

ダラダラとベッドでゴロゴロするというのもたまにはいいものです。ベッドでゴロゴロ大好きです。

②ジムに行く

休息方法:ジムに行く

ジムは休息かよ!と思う方もいるかもしれませんが、私にとってはこれは完全にストレス発散法として確立されています。

休みの日は平日とは違い、ゆっくりと時間をかけて、トレーニングができます。

この時間が大好きです。筋トレ筋トレって本当きもいですね。

経営者の俺がひたすら筋トレをする理由。

③ぼーとする

休息方法:ぼーとする

ひたすらぼーとします。

セブにいる時はたまにリゾートホテルまでいって、ぼーとしながら、マンゴースムージを飲んで、またぼーとして、

少し本を読んでまたぼーとしてを繰り返します。

私だけかもしれませんが、ぼーとすることで脳みそのリフレッシュにつながって、

また新しいアイデアなんかが思いつきやすくなるのです。ちょっと泳いだりもします。

自分なりの休息方法を確立させよう!

自分なりの休息方法を確立させよう!2

さてみなさん、自分の休息方法は確立できそうですか?わたしの休息方法が正解ではありません。みなさん自身で、自分らしい休息方法を確立させましょう。

日頃ストレスを溜め込んで、周りの人からや環境からネガティブなオーラを浴びてしまうこともあります。

その為、ストレス社会の現代にはこのような足を引っ張る要因から自分を守る必要があるのです。それが「休む」ということなのです。

冒頭でもお伝えした通り、休息をすることを悪いと思ってはいけません。

たまに、ぼーとすることや、ひたすら寝るということを否定する人もいますが、方法については人それぞれですから、そのように考える必要は全くありません。

また休息方法が確立できていないなら、休息方法を確立することに時間を使っていいかもしれません。

それくらい休むというのは、効率的かつ効果的に仕事をする上でとても重要なのです。

一度試してみてください。