「本を読む」

私は本が大嫌いでした。

質問者の写真
本なんてガリ勉が読むもんだろ!めんどくさい!

なんてことを残念ながら22歳まで信じていました。

おそらく人生で本と呼ばれるものを読んだのは、

小学校で出された読者感想文のために読んだ程度しか記憶にありません。

そんな人いませんか?

しかし、わたしはそんな読書が嫌いな人を裏切りました。

そう。

今では本が大好きなのです。ごめんなさいね。

さて、これだけ本が大嫌いだったわたしですが、どのようにして本が好きになったのでしょうか?

そして、どのようにして本を読む習慣を身につけることができたのでしょうか?

その経験をシェアすることでみなさんの本嫌いが改善されるかもしれません。

では、さっそくみていきましょう!

読書嫌いの原因

読書嫌いの原因

そもそもなぜわたしは本が嫌いだったのでしょうか?

わたしの本嫌いはまさに小さい頃にありました。

勉強とは無縁の幼少時代。

基本的には、じっとしているのが大嫌いだったのです。

また小学校3年生から始めた野球の影響もあり、ますます読書というものが遠のくこととなりました。

※私の野球人生が気になる方はこちらの記事もどうぞ。

野球少年だった僕が野球をやめた理由。

しかし不幸中の幸いかこの頃は、

質問者の写真
本を読まなくてもおれの人生には関係ない!

と本気で思っていました。

※子供の頃の写真が気になる方はこちらの記事もどうぞ。

子供の好奇心から見習え!成長するために必要なたった1つのマインド


また「本を読め!」と言われても、そもそも読書の重要性を理解していないわたしに、読書などできるわけがありません。

そして、この状態が22歳まで続いたというわけです。

スポンサーリンク

読書嫌いからの脱出

読書嫌いからの脱出

では、こんなわたしがどのように読書嫌いから脱出したのでしょうか?

それは、本を読まないとやべぇーよ!と心の底から思ったからです。

22歳は私がちょうど社会人になった年齢です。周りの社会人は、やはりわたしよりも知性があり、色々な情報を知っています。

話をしていても、ついていけないということもしばしば起こりました。

質問者の写真
これはまずいな

素直にそう思いました。

わたしが考えたのは以下の通りです。

  1. 本を読まない人間は物事を知らない。
  2. 物事を知らない人間は人の役に立てない
  3. 人の役に立てない人間は営業ができない
  4. わたし営業できない人間
  5. ダメな人間!!

そうです。

わたしは営業マンとしてその会社に入社しました。

しかし、上記の考え方だと営業マンとして全然だめではないか!と思えたのです。

わたしは決意します。

質問者の写真
あかん。これは本読まな人生終わりや。

わたしの快進撃はここから始まったのでした。

本の活字を読むのが辛すぎる

活字が読むのが辛すぎる

さて、さっそく本を読み始めたわたしですが、さすがに最初は苦労しました。

なかなか読書が進まないのです。活字はまさに睡眠薬と言わんばかりの睡魔が襲ってきます。

間違いなくひつじを数えるよりも効果があります。

そして、小学校・中学校とエ○本をひたすら友人と読みあさったわたしには活字ではなく

心おどるピクチャーですべてを表現してほしい!

まじ読書最高じゃね?習慣化するたった1つのこと

○ロ本は神ですね。

とはいうものの、そんなワンダフルな本は世の中にはなかなか存在しません。

まずは簡単な本でもいいので、2・3冊読んでみました。

そして、それを乗り越えた頃には不思議と本が読めるようになっていました。本当に不思議です。

わたしがそうであったように、その数冊の経験があなたの読書を習慣化させる第一歩となります。

以下が、読書初心者でも簡単に読める本です。ご紹介しますね。


これはいいですよ!あなたの思考次第で何でもできる!って本です。超簡単な本です。読んだ後、わたしにもできるんだ!と思えるいい本です。


これは有名ですね。神様と名乗るゾウが主人公に色々と使令を出してきます。それをクリアすることで、主人公が成長していくサクセスストーリーです。一気に読めます。


こちらも物語形式で進められるので、読書初心者にはおすすめです。自己啓発書ですが、おすすめです。

そもそも読書は必要なのか?

そもそも読書は必要なのか?

ちなみに、みなさんは本気で読書が必要だと思いますか?

わたしはこの記事でも説明しているとおり必要だと信じています。

というより、やらないといけない!と22歳の時に気づきました。

それまでは全く必要だと考えてなかったですし、おもしろいとも思っていませんでした。

でも実はここが大事なんです。

「やらないでもいいだろう」と思っている時に無理やり始めても絶対に長続きしません。

そうですよね?

誰かにやれ!と言われたものってなかなか継続しないでしょ?

ですから、本気で読書習慣を身に付けたいのであれば、あなたが読書をする理由というものを見つけてください。

そして、それがなければ読書なんてしなくていいのです。いやまじです。

無理やり嫌なことをやる人生なんてしんどいですから。

読者以外にもたくさんの情報収集をする手段はあります。そこから情報収集したらいいんです。

で、そもそも情報収集なんていらん!という方はそれもしなくていいです。

もう一度言いますが、やりたくないものは別にしなくていいです。

はい。マジです。

読書したい!そう決めたら頑張ってみよう!

pixta_30364772_M

さて、いかがだったでしょうか?読書を習慣化するにはまず読書をする理由を見つけることです。

これが見つかれば今回紹介した簡単な本から読書を始めてみてください。

  1. 読書の目的を考える
  2. 目的を理解しつつ、本を数冊読む

きっとあなたも読書が大好きになれるでしょう。