私自身が人生を楽しめていなかったときの話