「一度の人生だ!」と意気込んだとしても、人生を楽しめるわけではない。