6月13日。わたしは32歳になりました。おっさんですか?まだまだ若いですか?まあおっさんの領域に突入はしてますね。

いつまでも自分は若いと思っていましたが、気づいたら20代をぶっ飛ばして、30代になってました。人生早すぎますよね。

実は、最近死について考えます。32歳のわたしは、50年くらいで死んでしまうのです。

人生the end なんです。

質問者の写真
OMG

スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で言ってましたね。

今日が人生最後の日だと思って過ごせ!そうすれば本当にやるべきことをやる。

はい。

凡人のわたしにはスティーブ・ジョブズが言っていることは理解できるのですが、なかなか実践はできません。

そして気づいたら32歳です。

質問者の写真
あー

やっぱり、今日が最後の日だと思って、過ごすべきなんでしょうね。

もたもたしてると一瞬で天国行きですから

若かった自分を思い出してみた

野球

ちょっと若いときのことを思い出してみました。

まず小・中学生の頃、ひたすらボールを追いかけていました。はい。野球少年でした。自慢と言えば、今は大リーグで活躍してるダルビッシュ投手率いる全羽曳野というチームにコールド勝ちをしたことです。当時は野球一筋の人間でした。

そして、その後音楽にはまります。女の子にモテたい。そんな不純な動機からスタートしました。関西圏の主要駅で歌を歌ってました。いわゆるストリートミュージシャンですね。いい経験でした。

そして、コンビニ店員・パチンコ屋の店員・アパレルの販売員・不動産管理業の営業マンと転々とし、大学にも入学しました。

海外起業も経験します。なんだか、がむしゃらに頑張った20代でした。

でも、このがむしゃらな時代があったからこそ、今があると思っています。

こうしてみると、まあ案外頑張ったなーと自分を褒めておきます。

20代は最強すぎる。

20代は最強です。まあ30代も最強なんですが、20代には勝てません。さて、あなたは一体この最強時代に何をしてきたでしょうか。

遊び?仕事?色々あるでしょうね。

でもね、こんな最強時代、一生に一度しかないのです。若いって最強です。なんでもやり直しがききます。そして、チャレンジするだけで周りから褒められます。

質問者の写真
きみ!わかいのにすごくない?

って。

若いって超がつくほど、アドバンテージがあるんですよ。

質問者の写真
若いのにしっかりしてるね!感心するよ!

まじで、この若いのに!って言葉最強なんですよね。年齢を重ねた人間が同じことしても、そうはいきません。

質問者の写真
いやいやおっさん!結局今までの人生なにしてきたんや?

って言われますから。

でも20代はそこまで求められないケースが大半です。だからこの若いを活かすべきなんですね。

今をどう生きるべきかを考える

今はこの一瞬です。そして、この今は一瞬で過ぎ去ります。過ぎ去った時間は一生戻ってきません。後悔しても意味がないんです。あーもう少しこうしておけばよかったな!と言ってもおそいのです。人生とは死へのカウントダウンです。

だからこそ、今・この瞬間を大事に生きることが重要です。

今・この瞬間、何をすべきなのか?この点を集中することで、その後の人生大きく変わります。

親父からのメッセージ

親父からのメッセージ

私は32歳です。まだまだ若いと言われますが、やはりおっさんです。32歳の親父から同年代・若者にメッセージです。

とりあえずね。やれることは死ぬ気でやれ!ということです。

なんでも好き勝手できる時代なんて人生の中であまりありません。例えば結婚して、子供できれば、自分一人の判断で全てをやることはできないのです。

若いは最強です。こんな最強時代はこの一瞬しかないのです。

あとは、とにかく新しいチャレンジをすることですね。なんでもいいので新しいことにチャレンジし続ける人っていくつになっても若いんです。

わたしもこの3年間で英語・プログラミング・webマーケ・USCPAの勉強をやりましたし、海外で挑戦もしました。

「さあ、若者よ!とにかくチャレンジをするのだ!そして、世の中のくそみたいなシステムや連中をぶっ潰そう。」

わたしもそのぶっ潰すメンバーの一員として、頑張ろうと思います。

ちなみに

6月13日は誕生日でしたが、わたしは仕事で特にお祝いをする時間がありませんでした。

ただセブのスタッフがお祝いをしてくれました。こういうのは素直に嬉しいですね。

IMG_3505

いつもありがとう!

おわり。