マネジメントという言葉はビジネスの現場で広く使われています。組織の上に立つものにとって必要とされるスキルです。

マネジメントについてはたくさんの書籍も発売されていますが、多くは手段のことが書かれています。

ドラッカーのマネジメントは有名な本です。

しかし、マネジメントで最も重要なことは、なぜマネジメントを行うのか?です。

この目的を理解することで効果的なマネジメントが可能です。結論から言います。

マネジメントとは「人をやる気にさせ続ける」ことです。

たったこれだけです。

マネジメントの重要性

マネジメントの重要性

マネジメントはとても重要です。マネジメントのやり方で、組織が活性化したり、もしくは死んでしまうこともあります。

部下は、リーダーが行う一つ一つの行動を敏感に察知しています。ですからリーダーは、人一倍、一つ一つの行動に注意をしなければいけません。

上記の記事では、うざい上司が行うあるあるを記載しました。

・SNSでやたら絡んでくる
・部下の文句ばかりいう
・絶対に謝らない
・短気ですぐキレる
・うんちくと自慢話をひたすらする
・自己顕示欲が強い
・ミスを認めず、部下のミスを蒸し返す

上記のような行動を、リーダーがとった場合、一瞬で信頼を失い、組織は崩壊していきます。

行動一つで組織が崩壊するほどですから、リーダーが行うマネジメントは企業にとって重要なのです。

やはり、リーダーはマネジメントスキルを身につけなければいけません。

マネジメント手段はたくさんある

マネジメント手段はたくさんある

マネジメントにはたくさんの手段があります。叱る・褒めるが代表的ですね。二つ例をあげましょう。

・ 叱り続けるリーダー

とにかく、部下を叱り続けるリーダーがいます。自己顕示欲が強いリーダーに起きがちです。基本的には自分の思い通りになるように組織を運営します。

また、会議では論破を行い、意見が出しにく組織になりがちです。またこのタイプは、褒めることが下手くそです。

・ 叱れないリーダー

何か問題が起きた時に、マネジメントの手段として「叱る」が一番効果的なことも当然あります。

その時に叱れず、問題を放置することで、「さらに問題が拡大する」「同じ問題を起こす」といったことが起きます。叱り続けるリーダーも問題ですが、叱れないリーダーも問題です。

二つのリーダーに共通するのは、状況を見て手段を選択できるスキルがないということです。冒頭にお伝えしたマネジメントの目的を覚えていますか?

そうです。「人をやる気にさせ続ける」ことです。

ということは、人によっても、状況によって、必ず手段は変わってくるのは当然です。

マネジメントをする上で考えるべきことは、一人一人に向き合い、この人間をどうやってやる気にさせるか?という点です。

そして、それで出た答えが、その時に選択すべき手段なのです。

これは普段から、真剣に部下と向き合っていないとできません。以下が参考記事です。

マネジメントは感情コントロールが難しい

マネジメントでやってはいけないこと

正直、マネジメントの目的を理解し、人によって状況によって、最良の手段を選択できればそれほど難しくものではありません。

しかし、ここで邪魔してくるのが感情です。

マネジメントで一番難しいのは自分の感情コントロールなのです。

例えば部下が大きなミスをします。当然、あなたの感情も高ぶります。

その時、叱るという手段が最善でなかったとしても、感情が高ぶることでコントロールができず、ついつい叱っていまうということはよくあります。

一人一人に向き合い、この人間には何が最善か?この状況ではどうすれば最善か?を考え、しかも感情のコントロールをしながら、その手段を実行するのはなかなか大変なのです。

感情コントロールのために考えるべきこと

感情コントロールのために考えるべきこと

マネジメントの鍵は感情コントロールと前述しました。わたし自身もマネジメントする上で苦労している点です。

しかしそんな時のために心に刻んでいる言葉があります。

「他人はコントロールできないが、自分の感情はコントロールできる」

という言葉です。他人は絶対にコントロールできません。ですから、他人がとった行動にイラついたり、腹立てたりしても意味がないのです。

しかし、自分の感情はコントロールができます。

そういった事象に出会っても、腹をたてると思うのか・そういうこともあるんだな、と思うのかは自分次第です。マネジメントをする現場では腹ただしいことも多くあります。

しかし、それはただ自分の感情が流されているだけです。腹たつ・いらつくも自分が選択した感情なのです。

以下は、幸せになる方法をまとめています。感情コントロールについても記載しています。ぜひみてください。

マネジメントとはあなたの価値も高める

マネジメントとはあなたの価値も高める

最後にまとめます。まず、マネジメントの目的は「人をやる気にさせ続けること」です。そしてそれを行う手段はたくさんあります(叱る・褒める・認める・突き放すetc)

マネジメントとは、この「人をやる気にさせ続ける」ことを達成するために、最善の手段を選択し実行することです。

それさえできれば、あなたは優秀なマネージャーの仲間入りです。感情コントロールが鍵だともお伝えしました。

効果的なマネジメントを学ぶこと・実践することで、心の成長にもつながります。ぜひ挑戦してみてください。