この国の人はこうだから、ダメなんだよ。

海外でよく耳にする言葉です。私の場合はフィリピンにいることが多いので『この国の人』がフィリピン人に該当するわけです。私が海外で仕事を始める前、つまりフィリピンでの起業前にも同じことを言われました。

フィリピン人本当に仕事しないよ
時間を本当に守らないよ
すぐ辞めるよ
仕事マジ適当…

なにか悪いことが起これば『フィリピン人は…あーだから。こうだから』といった具合に…。もちろん実際に仕事をしていると、遅刻をする人もいれば、何度言ってもわかってくれないフィリピン人もいます。

でもそれを一括りにして『フィリピン人だから』と言った瞬間に、思考停止が始まります。思考停止してしまうと、問題点がフィリピン人の国民性のことだけを指してしまい、その結果、目の前にある問題の具体的な解決策が見いだせずに、すべてフィリピン人が悪い、といった考え方になってしまうのです。

日本人だって海外で「日本人ダメだわ」と思われているのでは?

日本人だってそう思われているのでは?

海外に来て思うことがあります。それは『英語でコミュニケーションをとれない日本人が多い』ということです。当たり前のことですが、フィリピン人とコミュニケーションがとれない状況では、コミュニケーションギャップが生じます。

つまり、フィリピン人の従業員からすれば、
「また英語ができない日本人が、ボスだよ。やっぱ日本人はダメだわ!」

このように思われている可能性だってあるわけです。

実はコミュニケーションギャップに不満を抱えるフィリピン人は多い

Brightureの採用面接で『今まで勤めてきた学校の不満』を聞いてみたことがあります。それに対しての回答はなんだと思いますか?大半のフィリピン人は不満要素のひとつとして、コミュニケーションギャップを挙げました。具体的には次のような不満です。

  1. 日本人スタッフのやりたいことが分からない。
  2. 仕事の範囲が広すぎる。自分の領域以外のことで残業が多い。
  3. フィリピン人講師から不満が上がってきても改善されない。

うざいボスにはなりたくない

うざいボスにはなりたくない
フィリピンでビジネスをさせてもらっているのは、この地があり、ここにフィリピン人が住んでいるから。そして彼らの強みである『英語力』を使わせてもらっているからです。そこに感謝がなければ、フィリピンでビジネスなんてやっていけないと思います。

「また英語が出来ないボスが来たよ、うぜー」

私はこのように思われたくないのです。
だから日々勉強をします。
もっともっと感謝を伝えたいから勉強します。

フィリピンに来る前は本当に英語が出来ませんでした。しかし、少し行動を起こすことで、十分ではないですが、英語で仕事をするまでに成長できました。

使える英語を習得することで人生が変わったと思います。
『行動すれば人生が変わる』今日もそれを信じて、頑張ります。