大学生
海外面白そうですよね。中西さんはセブで語学学校されてるんですね!セブに行ってみたいです。でも、海外行った事がないのでなかなか踏み出せないんですよね。
大学生
行ったらいいやん。面白そうと思うんでしょ?
大学生
はい。面白そうです。
大学生
じゃあもう決定。

ある講演で出会った大学生と私との会話です。この彼女は、やりたいことが何かまだわからずに悩んでいました。そんな中、海外には少し興味があったようです。彼女が行動できなかった理由は、まだ海外に行った事がなく不安だからということでした。

止まっていてもなにも生まれない。面白そうなら行動しよう。

止まっていてもなにも生まれない。面白そうなら行動しよう。
彼女の場合、「海外面白そう」という気持ちを抱いています。以前記事にしましたが、これは一種の好奇心で、この気持ちは成長する過程でとても大事です。
参考:「お母さん!これ何?」は成長できるサイン

さて、彼女は素晴らしい好奇心も持ち合わせていますから、あとは一歩踏み出すことができれば、どんどん自分の人生を変えることができるでしょう。さてその後、彼女は一歩踏み出せたのでしょうか?

彼女と話ししてから2週間後、彼女から私宛にメッセージが届きました。

「中西さん、こんにちは。昨年のイベントで少しお話をさせていただいたものです。 夜分大変失礼致します。 とても厚かましくかなり勝手なのですが、中西さんに報告があります! あのイベントに一緒に行った私の友達の計らいでフィリピンのセブ島に2/28から3/7まで行くことになりました!!(初海外です!!) お忙しく活動されているので覚えてらっしゃらないかもしれませんが、あのイベントの懇親会で「フィリピン・セブ島に行くの決定ね!」って中西さんに言われたんです。

折角イベントに参加したのにそれが実現できなかったら自分嫌いになる、と思って絶対実現すると決めていたら本当に実現できました!! あのイベントは本当に心を動かされたので、一つ行動が起こせて良かったです。 改めて、イベントでのお話ありがとうございました!」

あの短い間の会話で、彼女は一歩踏み出せたようです。私も自分のことのように嬉しくなりました。彼女のメッセージの中に記載がある通り、「イベントに参加したのにそれが実現できなかったら自分嫌いになる、と思って絶対実現すると決めていたら本当に実現できました!」という言葉は、すごく勇気付けられる言葉だと思います。

初海外を終えてからの彼女の変化

初海外を終えてからの彼女の変化
残念ながら私が彼女の渡航期間中、日本にいた為、セブ島では会うことができなかったのですが、彼女からこんなメールをいただきました。

セブに来て初めに思ったのは匂いが違うこと。空港降りた瞬間匂いが違ってとても驚きました。国が変わるだけで匂いも変わるのか、と思いました。でも、そのあとは、思った以上に驚かなくて、街並みを見ても自然と受け入れてしまったというか。

初海外ということもあり、来る前は私の予定ではすごいカルチャーショックを受けて価値観が一瞬で激減して人生変わるみたいな予定だったんですが、全く驚かず、どちらかというと今回の約1週間で自分の価値観が洗練されて納得いく感じ、というかずっと自分でも言語化できなかった自分の中の強い思いというか、何に疑問を感じて何に共感するのか、っていうのがよくわかったという感じです。

具体的に言うなら、セブにショッピングモールやちゃんとしてそうなきれいなお店と、ぼっろぼろの家々と道端で座り込む痩せ細ったおじいさんが共存している、まさに開発途中にある現状をみて、どうしようもないぐらいの貧困の状況をみてなぜこの状況が改善されないのだろう、私に何ができるのだろう、と深く考えました。

一方で、子供たちの笑顔は本当に私の腹痛と頭痛とだるさをぶっ飛ばし、人の笑顔がどれだけ人を救うのかと思いました。(うすうす日本でも自分がどういう考えを持ってるのか気付き始めていましたが、)自分は人の笑顔が好きで、つらい思いをしている人をなくしたいんだなって、そこが私の根本の目指すところなんだろうな、ってやっと自分で納得できるぐらいに実感できました。自己分析できた、みたいな笑

そして、もうひとつセブに来て思ったのはもっといろんな人に出会っていろんな人の考えやそれまでの人生を知りたいと思いました。今回直接セブの人とじっくり話して仲良くなれたわけではないのですが、セブの街で日本と違うところを見たり(おつり返してくれないおっちゃんとか)ボランティアメンバーの日本人と仲良くなって、当たり前かもしれないけど、人はほんとに人それぞれの考えをもっているんだなって。だからもっといろんな人の考えに触れたいと思いました。

あと、今回は、音楽を通して子供たちの情操教育をしていくボランティアに参加したんですが、自分の役割とか支援のあり方について深く考えるきっかけになりました。

すみません!長くなっちゃって!こんな感じです!セブはなんだかんだ好きです!虫と排気ガスはほんとに嫌ですが…。また戻ってきてしまう気がします!

セブ島でボランティアに参加した時の様子。

セブ島でボランティアに参加した時の様子。

挑戦したことが一番の価値

この体験で彼女にとって一番大きかったのは、「海外に行った」ということではありません。

彼女が挑戦をしたということに一番の価値があります。自分自身が「やる」と決めて、実現させた。これは彼女にとって、一つの成功体験です。この成功体験をバネに、これからもどんどん挑戦していけると私は確信しています。どんなことでもいいのです。小さなことでもいいので、一つやると決めて実現させてみましょう。

今回、彼女とのご縁をいただいた講演ですが、主催のAbroadersの関係者の方々、特に濱田さんにはとても感謝しております。また、濱田さんが運営するアブローダーズというサイトでも記事を寄稿していますので、ぜひご覧下さい。
週刊アブローダーズ|アジアで働く人のためのリアル情報サイト

joyfull / Shutterstock.com