みなさん!こんにちは!

不動産管理会社で7年勤務していたことがある中西です。

【不動産管理会社に就職したい若者へ】管理業が魅力的な仕事である3つの理由

さて、管理会社では色々な業務があります。

例えば、滞納督促。

家賃滞納者VS管理会社。滞納督促の現場はマジ大変【ノンフィクション】

水漏れなどのトラブルの解決などです。

そして、今回は鳩被害についてお話します。

実は、鳩被害で困っているマンションオーナーって世の中には結構います。

鳩は一度その場所に住み着くと帰巣する習性があるため非常に厄介なのです。

さて、今回はわたしが経験した鳩との壮絶な戦いをお伝えします。

ベランダに閉じ込められた鳩

鳩事件は突然起こります。

当時勤務をしている管理会社宛てにマンションの入居者から以下のような電話がかかってきました。

質問者の写真
ベランダでポッポーポッポーって聞こえる!扉を開けると鳩がいた!恐い!助けてほしい!

電話をしてきたのは、このマンションに住む20代の女性。

時間は20時前。

彼女が言うには、鳩よけネットに隙間があり、その隙間から1羽の鳩が侵入したようです。

そして隙間が狭いため脱出することができず、彼女の部屋のベランダに閉じ込められたというわけです。

仕事から帰宅した彼女は、ベランダから聞こえる鳴き声に気づき、鳩を発見して思わず管理会社に連絡してきたのです。

実はこのマンション、鳩被害が普段から多く、ベランダに鳩よけネットを張っていました。

しかし、オーナーの意向で専門業者に鳩よけネットを設置させるのではなく、

オーナー自身で鳩よけネットを設置していたため、ネットに隙間が空いてることもしばしばありました。

そして、その隙間から鳩が侵入するという結果となったのです。

俺を睨みつける鳩

管理会社として、そして一人の男として、鳩に苦しめられている女性を助けなければと思った私は、すぐに現場へ急行しました。

彼女のマンションに到着し、彼女の動揺した気持ちをまず落ち着かせ、戦場へ向かいます。

そしてベランダを開けると鳩が鋭い眼光で私を威嚇。そして私のほうに向かって飛んできました。

質問者の写真
鳩め!

そう思いました。そして私は鳩に怯みます。

質問者の写真
鳩の動きが早すぎる。

鳩の動きがものすごく早いのです。まさに電光石火!!

そして鳩はさらに私に攻撃を続けます。

質問者の写真
くそ!糞しやがった!

そうです。私に向かって糞をしてきたのです。

シャレではありません

私はさらに怯みます。

鳩に睨まれ、糞までされる。

鳩を自由の世界に返してあげないといけないという気持ちと、

入居者の彼女を救ってあげなければいけないという気持ちが交錯します。

質問者の写真
こんなことで負けてはいけない!

鳴き続ける鳩

質問者の写真
ぽっぽーぽっぽー!

鳩は鳴き続けます。

鳩が室内に入らないようにベランダの扉を閉め切っていたので、私は狭いベランダで鳩と二人っきりでした。

とにかく鳩を追い出すために、設置されたネットを外そうと頑張ります。

しかし、かなり頑丈に設置されているネットはなかなか取り外すことができません。

結局約30分後になんとかネットを取り外し、無事鳩は大空へ飛び立って行きましたが、

攻撃をされ続けた私は疲労困憊でした。

質問者の写真
鳩よ!ありがとう・・・

戦いを終えた私はそう思いました。

鳩に勝利したその後……

私は鳩との死闘を勝利で終え、女性もさぞ喜んでくれるだろうと思っていました。

しかし死闘を終えた私がベランダの扉をあけて中にはいると、

ジュースを片手にお菓子をボリボリ。バラエティ番組を見ながら大笑い。

しかも来たときにはいなかった女性の彼氏らしき人物もお菓子とTV番組を楽しんでます。

質問者の写真
鳩退治終わりました!

そう伝えると、

質問者の写真
おつかれさーーーーん。ありがとん♫

とさっきまでの動揺してた女性とは大違い。

友達感覚でお礼を言われました。彼氏も同様です。

質問者の写真
おつかれさーーーーん。ありがとん♫

私は思いました

質問者の写真
鳩退治ができる俺。いい男だ。

と。

自分で鳩対策をするならとりあえずネットを設置しよう!

さて、このように鳩についてのお話をさせていただきました。

鳩対策はプロの業者に任せるのが一番いいですが、それなりに費用はします。

とりあえず自分でなんとか鳩位対策をしよう!ということであれば、鳩ネットを設置してみてください

鳩対策については、物理的に鳩が侵入しないようにすることが一番効果があります。

ぜひ鳩ネットを設置してみてください。

おわり

スポンサーリンク