みなさん。こんにちは。

前回は、完璧な英語は必要ないという記事を書きました。

以下がその記事です。

今回はその続きです

前回の記事でもお伝えした通り、英語学習をするうえで完璧な英語は必要ありません。

そんな事例をお話したいと思います。

ではどうぞ。

スポンサーリンク



マイケルとの出会い

マイケルとの出会い

それは、わたしが2015年3月に個人的な旅行で、アメリカとカナダに行った時の話しです。

ナイアガラの滝に行きたかったわたしは、早速ツアーを申し込みました。

そのツアーを案内してくれたのが、すでにカナダ国籍を取得している元日本人のマイケル鈴木さんでした。

これがマイケルとの出会いです。

◼︎プロフィール
名前 マイケル鈴木
年齢 65歳
見た目 どこからどう見ても、日本人。写真のようなイメージ。「マイケル」という名前が見た目とあっていない。
おやじ

カナダにもうすでに40年住んでおり、元々カウボーイとして生計を立てていたそうです。

なるほど。

40年もカナダにいれば、英語がペラペラなんだろう。

しかも職業がカウボーイ。

すげー。

ぜひ彼の英語も聞いてみたい。

そうです。

当時、わたしも英語を勉強していることもあり、マイケル鈴木の英語に興味津々でした。

バスに揺られながら、ハンドル片手に、マイケル鈴木が

「なぜカナダに住んでいるのか?」

「カナダ国籍を取得する際に、なぜマイケルという名前にしたのか?」

など興味深い話をしてくれました。

質問者の写真
この人面白い。

そして、出会いから50分後。

比較的早い段階で、彼の英語が披露されることとなりました。

マイケルの晴れ舞台

マイケルの晴れ舞台

英語のお披露目シーンはこうです。

彼が運転するバスに、僕たちツアー参加者(全員日本人)が乗車。

駐車場に入る際に、セキュリティーガードから、「何をしに来た?」と質問を受けたたのです。

彼はウインドガラスを開けて、セキュリティーガードを鋭い眼光で睨みつけました。

そして……

遂に……

質問者の写真
ヘイ!アイ ハブ シックスピープル フロム ジャパン!!
解答者の写真
What?
質問者の写真
あーん? アイ!ハブ!シックス!ピープル!フロム!ジャパーーーーーン!!
解答者の写真
What?Japan?
質問者の写真
シックスピープル!!!あかん。こいつ日本のことしらんわ。
解答者の写真
!?!?!?!

マイケルの凄さ

マイケルの凄さ

マイケル鈴木の英語はお世辞でも、うまいとは言えませんでした。

典型的なカタカナ英語で、日本語もよく混じる。

これがカナダ在住40年の実力か!!と少し愕然としました。

が、しかし僕はふと思ったんです。

マイケル鈴木は、この後もこんな感じで英語を話していましたが、コミュニケーションは取れてるんですね。

しかも、カナダ人の手加減なしの英語を聞き取り、大声で笑ってるんです。

質問者の写真
がははは!自分おもろいなー!インタレスティングや!

って。

また、たまに聞き取れなかった英語は、必ず聞き返す。

質問者の写真
なんて?パードン ミー?わからへん!

って。

もし相手が理解してなかったら、

質問者の写真
ほんまわかってんの?アー ユー ウィズ ミー?

と言い返し、

聞き取れないお前が悪い、という精神を持っている。

恐るべし、マイケル。

わたしが思った彼の凄さは、

  1. 気負いせず英語をどんどん話す
  2. しっかり相手の言うことを理解する。理解できなければ聞き返す
  3. 俺の英語聞き取れ!この野郎!という気持ちを持っている

上記の点です。

英語学習の目的を改めて考える。

英語学習の目的を改めて考える

彼の英語力は果たして低いのでしょうか?

彼の英語学習のゴールは

「コミュニケーションが取れれば、それでよし」

と設定していたのかも知れません。

または、「カナダに住むのに苦労しなければそれでよし」だったのかも知れません。

実際わかりませんが、両者とも、彼は達成していると僕は思います。

これは本当にすごいことです。

もし、彼がアメリカでビジネスを興したいということであれば、恐らくまだまだ勉強しなければなりません。

そして、学ぶためのアプローチも違ってくるでしょう。

でも、日本人相手のバスガイドなら、それはそれでどうにかなるわけです。

あるいは旅行で使うために必要だ!ならどうでしょうか?

やはりゴール設定は、ものすごく大事なことだと理解できます。

マイケル鈴木のマインドを習得しよう!

彼のすごいところは、先ほど述べた通り、

  1. 気負いせず英語をどんどん話す
  2. しっかり相手の言うことを理解する。理解できなければ聞き返す
  3. 俺の英語聞き取れ!この野郎!という気持ちを持っている

この点です。

通常日本人が苦手とする点だと思います。

ゴール設定も重要ですが、彼のマインドもとても重要です。

なぜなら、このマインドはどのゴール設定で英語学習をするにしても、絶対に必要なものだからです。

わたしはマイケルと出会って以来、これらの点をものすごく意識するようになりました。そして、このおかげで、より上達したと思います。

マイケルとの別れ際、

質問者の写真
英語で苦労したことは?
解答者の写真
ない。今の英語力で生きていける

ということでした。

色々な人と交流を積極的に行っています。中西佑樹に興味がある方はぜひこちらからご連絡ください。

スポンサーリンク