みなさん!こんにちは!英語の勉強していますか?

それともこれから勉強を始めようと思っていますか?

ここ最近「英語・英語・英語!」と耳にタコができるくらい聞きますよね。

日本が英語教育に躍起になっています。

小学校3年生から英語教育も始まるようですし。

「これはまずい!」と思っている方も多いでしょう。

また京都の高校教師がTOEIC試験を受けてとんでもない結果を叩き出したのも記憶に新しいですね。

京都府の英語教師のTOEIC問題からTOEICのあり方を考えてみた。

それほどまでに英語教育をなんとかしないといけないと日本人は感じています。

しかし、ここで残念なニュースがあります。

英語学習に日々取り組んでいる方なら、すでにお気づきかもしれませんが、英語学習に終わりはありません。

これまじです。次から次へと壁が現れます。

TOEIC900点なんて本当通過点ですし、そこからさらに高い壁が立ちはだかります。

そう考えると、途方もなく英語学習を続けないといけなくなります。

現代人は忙しいのです。

はやく英語学習を終わらせれるなら、終わらせたいと思うのが普通です。だって他の勉強もしたいですからね。

さて、みなさんはこれほどまでに時間のかかる英語学習を一体いつまで続けるのでしょうか?

そして、英語学習を必死にやる必要って本当にあるのでしょうか?

今回はこの英語の必要性に関しての記事です。

スポンサーリンク



英語学習が必要ない3つの理由

英語学習が必要ないという理由

英語学習が必要ない理由1:そもそもゴール設定がない人が多い。

まずは、英語学習のゴール設定についてです。

そもそも英語を使う必要性がない人が英語学習をするほど無駄なことはありません。

このゴール設定はとても重要です。特に英語学習は、前半でもお伝えしましたが、底なし沼です。

まじ終わらないんです。

要は、このゴール設定が曖昧だと本当に英語学習に終わりが見えません。

また、ゴール設定が違えば当然勉強量に大きな差がでてきます。

誰でもわかると思いますが、ゴール設定が今のあなたの実力から遠ければ遠いほど、達成までの時間がかかるのです。

東南アジアで英語を使いたいのか?

アメリカニューヨークで使いたいのか?

などです。ですから、必ず、英語学習をする前はゴール設定をしっかりしてください

英語学習が必要ない理由2:世界の流れはアジアで、完璧な英語は必要なし

さて、世界は今アジアにどんどんシフトしています。

これからアジアが発展していくことは目に見えてわかりますよね。

その際に使われる言語はおそらく英語なのですが、みんな完璧な英語を話しません。

逆にアメリカなんかで使われるこなれた言い回し、スラングなんかを使っても理解されないことも多くあります。

英語はコミュニケーションのツールであり、格好つけるためのものではないんです。

通じなければ意味がないのです。

BBCでこんな記事が出ていました。

BBC記事

非ネイティブスピーカーは、限られた語彙の中でシンプルに話し、スラングのような言葉は使わない。

ネイティブスピーカーは、スラングなどを多用し、話すスピードも早い。また、彼らは、英語が世界共通語だと思っているため、非ネイティブに合わせて話すこと必要性を感じていない。

その結果、ネイティブスピーカーの英語はわかりにくく、非ネイティブスピーカーと誤解が生じる。

という話です。

これから世界が多様化する中で、ネイティブのように話す必要はむしろ邪魔になる可能性があります。

英語を常に勉強している人からすると、

一生懸命勉強したスラングやかっこいい言い回しを使用したい欲求があるのはわかりますが、通じないと意味がありません。

もう一度いいます。

通じなければ意味がないのです。

英語学習が必要ない理由3:英語⇄日本語の自動翻訳ができる

テクノロジーが驚くべきスピードで進歩しています。

例えば、以下の商品なんかも登場しています。

il(イリー)は世界初のウェアラブル翻訳デバイス

またマイクロソフトがスカイプで日本語の翻訳機能サービスを開始しました。

スカイプの翻訳サービス

その他にも、当然googleも開発を進めていますし、パナソニックもペンダント型の翻訳機を作成しています。

現代のテクノロジーの進化を考えれば、遠くない将来にかなり高精度の翻訳機が登場しても不思議ではありません。

英語は最低限学習しよう。

英語は最低限学習しよう。

しかし、最低限の英語を使えるというのは決して悪いことではありません。

インバウドで海外の旅行者が増加し、日本国内でも英語を使う機会が増えています。

人と人とのコミュニケーションや関係づくりの大事な要素として、

「自分の言葉で話す」ということも重要です。

完璧を目指すのではなく、先ほどもお伝えした通り、ゴール設定を明確にしている人が学習するにはとても大事なことでしょう。

完璧な英語は必要なし!

pixta_29021004_M

いかがだったでしょうか?

何度もお伝えしますが、英語の学習は底なし沼です。

そして、世の中は、経済圏・テクノロジーの進化が急激に進んでいます。

そう考えれば完璧な英語は必要ありません。

英語はコミュニケーションのツールです。

ですから、英語をどう使うか?を考え、その他のスキルを身につける為に時間を使いましょう!

あまりにも多くの時間を英語に注ぐのはやめましょう。

おまけ

以下の記事からの引用です。

人生やり直すなら、絶対やっておきたい6つのこと【学生必読】

もしTOEIC600点に満たない方は、しっかりと日本で英語の基礎力を身につけることをおすすめします。

基礎がまったくないまま、英語留学をしても最大限効果を得ることはできません。

最近はライザップEnglishのような、成果コミット型の学校もあります。

少し値段は高いですが、一定期間しっかり集中して、英語の基礎力をつけるのをつよくオススメします。

スポンサーリンク



基礎ができれば、フィリピン留学などでアウトプットの訓練を行いましょう!

そうすれば、アジアで通用する英語くらいはすぐに身につきます。

色々な人と交流を積極的に行っています。中西佑樹に興味がある方はぜひこちらからご連絡ください。