英語の神様君臨。

グローバル社会と言われる昨今。日本人は英語を学ばなければならないと分かっていてもなかなか勉強がスタート出来なかったり、継続が出来なかったり……そして結局英語をマスターできないという問題に直面しています。

そして、このストーリーのよしを君もその一人。英語をマスターしなければならない。でも出来ない。そんなよしを君が英語をマスターしていく。そんなストーリーである。

英語の神様。英語ちゃんとの出会い

「あー英語英語英語英語ってうるさいな。頑張ってるけど出来ひんねん。おかんもおとんもうるさすぎや。」

「お前英語嫌いなんか?」

「誰やお前!!」

「誰やお前って失礼なやっちゃなー。わしは世界的に有名な英語の神様、英語ちゃんやがな。」

「知らん。」

「引き続き失礼なやつやな。まあええ。まあ君もお分かりの通り、わしは英語の神様の英語ちゃんや。英語の神様ってことは、英語がペラペラなわけや。しかも英語をどうやって学ぶか?も教えることができるわけやがな。どうや!エキサイティングやろ!?」

「………まあ。」

「なんや乗り気ちゃうな。わしはな。日本全国にいる英語学習に悩む日本人をランダムに選んで、英語学習をアドバイスしとんねん。栄えある今回は君ってわけやな。どうや!エキサイティングやろ!?」

「………まあ。でもめっちゃ怪しいですよ。あなた。」

「そらいきなり出てきたし、怪しいと思うやろうな。まあでもとりあえず信じたらいいねん。どうせそのままやったら英語なんてマスター出来ひんからな。騙されたと思って信じなさい。」

よしを君は英語ちゃんにイライラするものの、一応英語ちゃんを信じてみることにした。

英語の神様が教えることとは?

「まあとりあえず英語学習に悩んでるようやな。どの辺が難しいねん!?英語なんてチョチョイのチョイやでほんまわな。」

「チョチョイのチョイってなんすか?」

「チョチョイのチョイはチョチョイのチョイや!そんなことはどうでもいいから、なにがわからんねん」

「全てですね。文法もそうですし。単語もなかなか覚えられない。スピーキングに至っては全くです。オンライン英会話もスタートさせましたが、それも続かず。授業の時間になるといつもナーバスになります。」

「ふーん。(くちゃくちゃ) ガムいる?」

「結局成長しているかどうかもよくわかないんですよね。TOEICとか受けてもいいんですけど、実際TOEICが本当に英語力に直結してるわけでもないわけでしょ?英語って聞くとやっぱり重荷です。」

「なるほどな。(くちゃくちゃ)ガムいらんの?」

「ただ、英語がこれから必要なのはよくわかってます。友達も最近有名なフィリピン留学に行くと言ってましたし、みんなグローバルグローバルって言ってますし。英語くらいできなくてどうする!とも言われます。」

「まあな。(くちゃくちゃ)ガムはいらんのか!!」

英語を学ぶ上での心構え

「とりあえずな。英語っていうものは一体何のために必要か?を考えることやな。」

「これからの時代を生き抜くためですね。」

「まあそうやな。それは間違ってない。でもな。英語が出来たからって、これからの時代生きていけるかは、わしは知らん。」

「神様やのに知らないとか、おかしいでしょ。」

「やかましい。わしが言いたいのは、英語を身につけたらOKっていう感覚をまず捨てるべきってことや。英語はコミュニケーションのツールやねん。わかるか?」

「はい。」

「わしな。何回もガムいるか?ガムいるか?って聞いてたやろ。でもお前さんは、無視するわけや。どうや!わし悲しいで。無視されたら。わしセンシティブやから、もう心はズタボロや。」

「あっすみません。」

「要はな。英語が出来るようになったかて、これからの時代を生き抜くことは出来ひんねん。わしとのコミュニケーションで、わしのセンシティブな心をズタボロにするようでは、英語が出来たかて、同じことが起きるわけよ。わかるか?」

「確かにそうですね。」

「だからな。とりあえず英語はコミュニケーションのツールとしっかり再認識するべきや。わかったな?」

「はい。」

「ガムいる?」

「いりません」

「いらんのか!」

自分を信じること

「もう一個大事なことを教えたろ。お前さんも言ってたけど、英語って自分が伸びたか伸びてないか。よくわかんらんもんや。頑張って勉強しているのに、成長を感じられへんから、卑屈になって英語学習を継続できないわけやな。」

「そうなんです。なにが成長かもよくわからなくなってしまいます。」

「でもな。心配せんでもやったらやった分だけ絶対伸びとるんや。それを信じることが大事や。」

「なぜそんなことが言えるんですか?」

「言葉ってのはアホみたいに表現があるわけよ。ほんで、さっきコミュニケーションのツールって言ったけど、コミュニケーションをする上で、アホみたいにたくさんのトピックがあるわけやな。例えば、自分の趣味の話しもあれば、最近のニュースの話し、政治、恋愛話、などなど数え切れないほどのトピックがあるわけ。」

「はい。」

「お!今日結構話せたぜ!イェーイ!って思う時もあれば、うわぁー。今日全然話せんかった。やっぱ俺ダメじゃん!ブハーー!って思うこともあるわけよ。それはなんでか?やけど、結局、君の得意なトピックなら話せるわけで、君が得意でないトピックや、君が今まで表現したことがないトピックに遭遇したら、うまく話せんわけ。」

「なるほど」

「だから落ち込むことない。トピックなんて山ほどあるわけやし、それが表現できないってことは、そのトピックについて勉強すれば次は対応可能なわけよ。そういうのをどんどん増やしていくってことが大事や。さっきも言ったけど、トピックは山ほどあるから、勉強してても自分の成長をなかなか感じれない時が多いかもしらん。でもな。心配せんでも成長してる。それをしっかり君自身認めてあげることが大事や。わかったか?」

「わかりました。今日からもう一度取り組んでいきたいと思います。でもどうやって勉強すればいいのかわかりません。英語ちゃんそれも教えて!」

「教えてください。や!アホ野郎!」

こうして、英語の神様、英語ちゃんの英語学習に対しての心構えのレクチャーを聞き、よしを君も英語学習についてやる気が出たようです。
今回は、

  • 英語はコミュニケーションのツールである
  • 英語はやればやるだけ伸びている。
  • 伸びていることを認めてあげる。

という英語学習においての大事な心構えを教えてくれました。英語ちゃんの英語学習法は気になるところですが、それはまた次回以降のお話。